中性脂肪とコレステロールの違い

中性脂肪とコレステロールの違い、あなたはきちんと言えますか?

 

脂っこい食事が多い人にとって気になるのが、コレステロールや中性脂肪です。

 

 

「コレステロール」と「中性脂肪」はどう違うのでしょうか? 

 

どちらも同じ脂質ですが、しっかりと違いを理解しておきたいですね。

 

今回は、中性脂肪とコレステロールの違いについてお伝えします。

 

中性脂肪とコレステロールの違い!

 

中性脂肪とコレステロールの違いは何でしょうか?

 

エネルギーを蓄えるのが中性脂肪の役割でそれに対して、コレステロールは体を作る材料としての役割があります。

 

中性脂肪

中性脂肪として内臓や身体の各箇所に蓄えられ、ブドウ糖などのエネルギー源が不足すると、必要に応じてエネルギー源として使われる。

 

コレストロール

脂肪の一つですが、体の脂肪膜やホルモンの原料、または、胆汁の原料としても使われます。

 

 

中性脂肪が増えると悪玉コレステロール(LDL)を増やしてしまう!

コレステロールには、善玉コレストロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)に分けられます(「悪玉コレステロールとは」を参照)。

 

実は、血中の中性脂肪値が上がると、善玉コレステロール(HDL)が減り、悪玉コレステロール(LDL)が減ってしまう事が分かっています。

 

このように、血中の中性脂肪値と、悪玉コレステロール(LDL)には大きな関わりがあるのです。

 

また、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールの値が、基準値をオーバーしてしまう病気を「脂質異常症」と言います。

 

参考:脂質異常症とはどんな病気か?悪玉コレステロールと中性脂肪の関係

 

中性脂肪が増え過ぎるどうなる?

 

中性脂肪が増えすぎると、いわゆる肥満の状態になります。

 

 

皮下に蓄えられた中性脂肪を「皮下脂肪」と言いますが、これがエスカレートすると「皮下脂肪型肥満」になります。

 

また、腹腔内に蓄えられた中性脂肪を「内臓脂肪」と言いますが、これがエスカレートすると「内臓脂肪型肥満」になります。

 

それぞれの肥満は、やがてメタボリックシンドロームの状態へと進行していきます。メタボリックシンドロームとは、「動脈硬化の危険因子が複数重なった状態」を指します。

 

動脈硬化の危険因子

  • 肥満
  • 脂質異常症(中性脂肪値、悪玉コレストロール値が異常)
  • 高血圧
  • 喫煙
  • 体質

 

このメタボリックシンドロームになると、動脈硬化になるリスクがかなり高まると言われているのです。

 

動脈硬化と言えば、最悪の場合死に至ることもある、重大な病気です。生活習慣ひとつで命に関わる病気のリスクが高まってしまうということを、十分に意識しておきたいですね。

 

中性脂肪が増えると、「急性膵炎」という病気にかかることもあります。これは、膵臓が上手く機能できなくなった結果、自分で自分を消化してしまう病気です。膵臓に浮腫・出血・壊死などの急性症状が起こります。

 

また、お酒の飲みすぎにより中性脂肪が増えると、肝臓に中性脂肪が過剰に溜まった「脂肪肝」という状態になってしまいます。

 

脂肪肝は、「肝炎」「肝硬変」「肝がん」などの命に関わる病気へと進行するおそれもあります。

 

中性脂肪が増えて肥満になると動脈硬化だけでなく、あらゆる重大な病気につながる可能性があるのですね。

 

 

内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の特徴

 

内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満とは、それぞれ見た目の特徴が異なります。

 

 

「最近ちょっとお腹周りが気になる……」という方は、自分がどちらのパターンに当てはまるかをチェックしてみてください。

 

まず内臓脂肪型肥満ですが、お腹周りが全体的にぽっこりして、りんごのような体型になります。それに対して皮下脂肪型肥満は、下半身がふっくらして、洋梨のような体型になります。
これらの2つは、性別の違いでも影響があります。

 

りんごのような内臓脂肪型肥満は、男性に多いと言われています。一方、洋梨のような皮下脂肪型肥満は、更年期以降の女性に多いと言われています。

 

どちらもメタボリックシンドロームを招く危険な状態ですから、お心当たりのある方は、すみやかに生活習慣の見直しを行ってみてください。

 

運動療法のススメ

 

中性脂肪が高いと診断されてしまったら、運動療法を始めましょう。

 

運動療法は、毎日30分以上の有酸素運動を、最低でも週に3日以上、合計で180分以上行うのが基本となっています。また、食事の前または食後30分から1時間後に行うのが良いとされています。

 

ジョギングやウォーキングはコストもかからない上に、すぐに始められるのがメリットです。まとまった時間が取れないなら、10分の運動を1日3回に分けて行っても効果が期待できますから、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

有酸素運動の他にも、1〜2日おきに行う筋肉トレーニングや、毎日行うストレッチングを組み合わせると、さらに効果的です。

 

質の良い筋肉を作ると、血液中のブドウ糖を筋肉に取り込んでくれる「GULT4(グルットフォー)」というたんぱく質を効果的に増やせます。あなたもぜひ、運動療法で健康的な体作りをしてみてください。

 

 

関連ページ

悪玉コレステロールとは
悪玉コレステロールとはどのようなものなのか簡単に説明します。
悪玉コレステロールは体に悪いのか
悪玉コレステロールは体に悪いのか説明します。
悪玉コレステロールをためてしまう人達
悪玉コレステロールをためてしまう人達とはどのような人なのか説明します。
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法について簡単に説明します。
悪玉コレステロールで影響を受ける所
悪玉コレステロールで影響を受ける所について説明します。
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違い
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違いについて説明します。
悪玉コレステロールが遺伝で高い人もいる!家族高コレステロール血症の怖さ!
悪玉コレステロールが遺伝で高い人も以外に多くいます。それが、家族性高コレステロール血症です。
脂質異常症
悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が基準値をオーバーすると脂質異常症と判断されます。
更年期の女性は注意!コレステロールが高くなる原因と対処法!
女性もコレステロールには注意は必要です。特に閉経前後の女性ホルモンが少なくなってきた中年女性では、高コレステロール血症に要注意なんですよ。