悪玉コレステロールとは

悪玉コレストロールとは

 

悪玉コレステロールとは、LDL(low-density lipoprotein cholesterol)とも言われるコレステロールの一種です。

 

コレステロールは、脂肪の一種で、主に肝臓で生成され、細胞膜成分となって、細胞の働き保ったり、性ホルモンや副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンの材料になったりしています。また、食品の中で、コレステロールを多く含豊富に含むのは、卵黄や動物の脂肪などです。

 

コレステロールは、悪玉と善玉の【2】つ分かれます!

人の体の総コレステロールは、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)に分けることが出来ます。

 

善玉(HDL)コレステロールは、血中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ(回収)働きがあります。また、悪玉(LDL)コレステロールは肝臓から血管や組織にコレステロールを運ぶ(送り出す)働きをしています。

 

実は、「善玉」、「悪玉」と言われていますが、存在そのものは、どちらも必要なコレストロールで、「善悪」はありません。

 

コレストロールを肝臓から送り出して、増やしてしまうという、「イメージ」から「悪玉コレステロール」と便宜上で呼ばれているだけです。

 

悪玉コレステロールと善玉コレストロールのバランスが保てていれば、悪玉コレステロールが悪い働きをすることはありません。

 

悪玉コレステロールが、その「悪玉」ぶりを発揮するのは、悪玉コレステロールが異常に増えたりと、善玉コレステロールのバランスがくずれた場合です。

 

悪玉コレステロール(LDL)はなぜ増えるのか?

悪玉コレステロールを増やしてしまう原因は、さまざまあります。

 

主な原因は、生活習慣によるものが、大きく影響しています。

  • 食べ過ぎ!
  • バランスの悪い食事!
  • アルコールの飲みすぎ!
  • 運動不足!
  • 大きなストレス!
  • 加齢!

 

悪玉(LDL)コレステロールが動脈硬化を招く!

この悪玉(LDL)コレステロールやひいては総コレステロールが増え過ぎると、必要以上の「コレステロール」が血管内に溜まってしまいます。

 

この様な状態が、長く続くと、動脈硬化と呼ばれる状態なります。コレストロールが血管壁に沈着して酸化されると血管が狭くなります。

 

ほっておくと、さらに症状が進んで、詰ってしまったり、最悪、切れてしまったたりしまいます。

 

 

「悪玉コレステロール」が増えすぎると、体にさまざまな問題を引き起こすので注意しなけばいけません。

 

 

関連ページ

悪玉コレステロールは体に悪いのか
悪玉コレステロールは体に悪いのか説明します。
悪玉コレステロールをためてしまう人達
悪玉コレステロールをためてしまう人達とはどのような人なのか説明します。
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法について簡単に説明します。
悪玉コレステロールで影響を受ける所
悪玉コレステロールで影響を受ける所について説明します。
中性脂肪とコレステロールの違い、あなたはきちんと言えますか?
悪玉コレステロールについての基礎知識を掲載します。
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違い
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違いについて説明します。
悪玉コレステロールが遺伝で高い人もいる!家族高コレステロール血症の怖さ!
悪玉コレステロールが遺伝で高い人も以外に多くいます。それが、家族性高コレステロール血症です。
脂質異常症
悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が基準値をオーバーすると脂質異常症と判断されます。
更年期の女性は注意!コレステロールが高くなる原因と対処法!
女性もコレステロールには注意は必要です。特に閉経前後の女性ホルモンが少なくなってきた中年女性では、高コレステロール血症に要注意なんですよ。