悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違い

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロールは反対に働きをします!

 

コレステロールは、その働きから善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分けられます。その役割の違いについて紹介します。

 

そもそもコレステロールとは、どのようなものなのでしょか?

 

コレストロールの働き!

 

コレステロールと聞くと「悪者」扱いされることが多いですが果たして本当なのでしょうか?

 

実は、人の体にとっては、「コレステロール」はとても重要な働きをする「脂肪の一種」なんです。

 

つまり、コレステロール自体は「悪者」ではありません。

 

コレステロールの働きはさまざまですが、大きく分けて、以下の「3」の働きがあります。

 

細胞膜を作りだす原料となる!
神経を保護する!
ホルモンを作り出す原料となる!

 

このように、コレステロールは、人が生きるのに欠かせない物質なんです。

 

 

悪玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い!

 

なぜ、コレステロールが「悪者」のように扱われるのでしょうか?

 

 

コレステロールには、肝臓で主に作り出されます。そのコレステロールは、血液に溶け込み全身に送られます。

 

この時に、肝臓からコレステテロールを送り出す働きをするのが、LDL(low-density lipoprotein cholesterol)で、日本では、「LDLコレステロール」又は、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

 

悪玉コレステロール:【肝臓】→【全身】

 

また、肝臓からコレステテロールを回収する働きをするのが、HDL(high-density lipoprotein cholesterol)で、日本では、「HDLコレステロール」又は、「善玉コレステロール」と呼ばれています。

 

善玉コレステロール:【全身】→【肝臓】

 

では、悪玉コレステロールは、まったく必要ないのか?

 

そんなことはなく、コレステロールを送り出す悪玉コレステロール、回収する善玉コレステロールは、両方とも必要です。

 

なんで「悪玉」と呼ばれているのでしょうか?

 

それは、悪玉コレステロールによって、肝臓から、必要以上のコレステロールが送り出す事態が発生すると、血管に付着して動脈硬化になり悪影響が発生する為です。

 

悪玉コレステロールの悪影響については、「悪玉コレステロールは体に悪いのか」を参照してください。

 

 

関連ページ

悪玉コレステロールとは
悪玉コレステロールとはどのようなものなのか簡単に説明します。
悪玉コレステロールは体に悪いのか
悪玉コレステロールは体に悪いのか説明します。
悪玉コレステロールをためてしまう人達
悪玉コレステロールをためてしまう人達とはどのような人なのか説明します。
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法について簡単に説明します。
悪玉コレステロールで影響を受ける所
悪玉コレステロールで影響を受ける所について説明します。
中性脂肪とコレステロールの違い、あなたはきちんと言えますか?
悪玉コレステロールについての基礎知識を掲載します。
悪玉コレステロールが遺伝で高い人もいる!家族高コレステロール血症の怖さ!
悪玉コレステロールが遺伝で高い人も以外に多くいます。それが、家族性高コレステロール血症です。
脂質異常症
悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が基準値をオーバーすると脂質異常症と判断されます。
更年期の女性は注意!コレステロールが高くなる原因と対処法!
女性もコレステロールには注意は必要です。特に閉経前後の女性ホルモンが少なくなってきた中年女性では、高コレステロール血症に要注意なんですよ。