脂質異常症

脂質異常症とはどんな病気か?

 

「病院に行ったら、脂質異常症と診断されてしまった?! でも、どんな病気か分からなくて不安……」

 

 

そんな方のために、脂質異常症の情報をお伝えします。

 

病名だけ聞くと、ちょっと怖い感じがしますよね。

 

今回は、あなたの体に何が起こっているのか、脂質異常症とは一体どんな病気なのか、脂質異常症についてお伝えします。

 

脂質異常症は血液中の脂質のバランスが崩れている状態

 

脂質異常症は、血中の脂肪(コレステロール・中性脂肪)のバランスが異常となる病気です!

 

脂質異常症とは、次のような病気に分けられます。

「高LDL-コレステロール血症」

悪玉コレステロール(LDL)が基準値より高い状態が続く病気です。

 

「低HDL-コレステロール血症」

善玉コレステロール(HDL)が基準値より低い状態がを続く病気です。

 

「高中性脂肪血症」

中性脂肪値が基準値より高い状態が続く病気です。

 

 

いずれか1つ以上に該当することを言います。

 

 

LDL-コレステロールは、「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、コレステロールを肝臓から細胞に運ぶはたらきをします。血液中にLDL-コレステロールが多いと、余分なコレステロールが多いということになります。

 

HDL-コレステロールは、「善玉コレステロール」とも呼ばれ、古いコレステロールや余分なコレステロールを回収するはたらきをします。血液中のHDL-コレステロールが少ないと、不必要なコレステロールが回収されていないことになります。

 

悪玉コレステロールが多く、善玉コレステロールが少ない状態になると、「動脈硬化」を起こす大きな原因になります。

 

中性脂肪は、体にエネルギーを蓄えたり、体温を保ったり、内臓を保護したりする役割があります。しかし、血中の中性脂肪が増えすぎると、悪玉コレステロールを増やすことにつながり、「動脈硬化」を進行させることになります。

 

このように、各脂質には、それぞれに役割がありますが、そのバランスが崩れると脂質異常症と呼ばれる状態になり、「動脈硬化」を起こす原因になります。

 

参考:悪玉コレステロールの治療方法

 

脂質異常症はどのような基準で診断されるのか

 

脂質異常症は血液検査の数値で判断されます!

 

 

LDL-コレステロールが140mg/dl以上の場合は「高LDL-コレステロール血症」、HDL-コレステロールが40mg/dl未満の場合は「低HDL-コレステロール血症」、中性脂肪が150mg/dl以上の場合は「高中性脂肪血症」とされています。

 

日本動脈硬化学会による脂質異常症の診断基準値

高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール値(140mg/dl以上)

低HDLコレステロール血症:HDLコレステロール値(40mg/dl未満)

高中性脂肪血症:トリグリセライド値(150mg/dl以上)

 

参考:悪玉コレステロールの数値(基準値)

 

さて、これらの基準を超えて脂質異常症と診断された場合は、まず「食事療法」「運動療法」によって、LDL-コレステロールと中性脂肪を下げる治療が行われます。

 

ここで数値をどれくらい下げるかという目標を「管理目標値」と呼び、冠動脈疾患の有無・年齢・生活習慣・既往歴といった情報から、目標とする数値が定められます。

 

食事療法と運動療法を行っても数値に改善がみられない場合、最終的に「薬物療法」が実施されるという流れです。

 

脂質異常症の診断基準として昨今注目を集めているのが、LDL-コレステロールとHDL-コレステロールの比率である「LH比」です。

 

これは、LDL-コレステロールの値をHDL-コレステロールの値で割って算出します。この数値が、【2以上】になる人は、動脈硬化を始めとした疾患のリスクが高いので注意しましょう。

 

糖尿病・高血圧などですでに危険因子がある人は、【1.5以上】でリスクが高いとみなされます。

 

 

運動療法とはどんなものか?

 

運動療法とは、有酸素運動・ストレッチング・筋肉トレーニングによって中性脂肪を減らす取り組みのことです。

 

 

運動不足による脂質異常症を改善するために行います。中性脂肪の値を下げてHDL-コレステロールの値を上げる効果が期待できます。

 

その他にも、減量・血圧の低下・高血糖の改善・血栓ができにくくなるなどの効果が見込まれており、脂質異常症の治療には欠かせない治療法となっています。

 

また、運動によって気分転換がなされ、ストレス解消できるのも魅力のひとつです。

 

参考:悪玉コレステロールを下げる運動メニュー

 

食事療法とはどんなものか?

 

食事療法とは、普段の食生活を改善することで中性脂肪・コレステロールの値を下げる取り組みを指します。

 

 

食事療法の柱となるのは、食事の「量」と「質」の意識的なコントロールです。

 

まずは自分が1日に摂取する「適正エネルギー量」を把握しましょう。それから、1日の摂取カロリーが適正エネルギー量を上回らないように、食事の量を守ってください。

 

こうして量をコントロールするとともに、食事の質の方にも目を向けます。

 

毎日バランス良く栄養を摂れる献立を決めて、賢く食事をできるといいですね。

 

参考:悪玉コレステロールを下げる生活習慣と食生活
参考:悪玉コレストロールを減らすには油の摂り方を注意する!
参考:悪玉コレステロールを下げる食生活!水溶性食物繊維の効果
参考:悪玉コレステロール予防になるサプリ

 

薬物療法とはどんなものか?

 

運動療法・食事療法でも脂質異常症に改善がみられない場合、最終的に行われるのが薬物療法です。

 

 

より動脈硬化性疾患のリスクが高い人には、運動療法や食事療法と平行して行うこともあります。

 

薬物療法では、動脈硬化によって起こる疾患を予防するために、血液中の脂質を下げる「脂質低下薬」を服用します。

 

動脈硬化性疾患の予防に効果を発揮する薬物療法ですが、当然ながら副作用も存在します。

 

たとえば、肝臓でのコレステロール合成を抑えるスタチンや、肝臓での中性脂肪合成を抑えるフィブラート系薬は、「肝障害」「横紋筋融解症」といった副作用が起こるおそれがあります。

 

薬物療法を受ける際には、医師にきちんと妊娠など自分の体の状況や、現在服用している薬などの情報を伝えておきましょう。

 

脂質異常症のかかりやすさには男女で違いがあった!

 

男女どちらも脂質異常症には気をつけたいところですが、性別によってかかりやすい症状が異なるのにも注目しておきましょう。

 

 

LDL-コレステロール値や中性脂肪値は、男女どちらとも加齢によって上昇の傾向にありますが、どちらかと言うと女性よりも男性の方がリスクは高くなっています。

 

腹腔部に脂肪のつく「内臓脂肪型肥満」は、リンゴのようにお腹周りがぽっこりとした見た目になるタイプの肥満です。

 

仕事でストレスを抱えやすい男性に多いと言われています。内臓脂肪型肥満の男性は、大きなストレスに見舞われると、心筋梗塞を始めとした動脈硬化性疾患にかかりやすくなっています。

 

こういった動脈硬化正性疾患は、女性よりも男性の方が2〜3倍発症率が高くなっているので、男性の方は注意しておきましょう。

 

 

更年期を過ぎたら女性は要注意!

逆に女性の場合は、更年期を過ぎて女性ホルモンの作用が弱まる時期に注意が必要です。

 

それまでは女性ホルモンのはたらきによって内臓脂肪が溜まりにくくなっているものの、更年期を過ぎてから肥満を発症する可能性があります。

 

自分の体調の変化をきちんと把握して、脂質異常症の予防を心がけましょう。

 

ちなみに、男性は45歳・女性は55歳を過ぎたら注意し始めるべきと言われています。生活習慣の乱れに心当たりのある方は、早めに習慣の見直しと改善をしておきたいですね。

 

 

関連ページ

悪玉コレステロールとは
悪玉コレステロールとはどのようなものなのか簡単に説明します。
悪玉コレステロールは体に悪いのか
悪玉コレステロールは体に悪いのか説明します。
悪玉コレステロールをためてしまう人達
悪玉コレステロールをためてしまう人達とはどのような人なのか説明します。
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法
悪玉コレステロールを減らす基本的な方法について簡単に説明します。
悪玉コレステロールで影響を受ける所
悪玉コレステロールで影響を受ける所について説明します。
中性脂肪とコレステロールの違い、あなたはきちんと言えますか?
悪玉コレステロールについての基礎知識を掲載します。
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違い
悪玉コレステロールと善玉コレステロールの役割と違いについて説明します。
悪玉コレステロールが遺伝で高い人もいる!家族高コレステロール血症の怖さ!
悪玉コレステロールが遺伝で高い人も以外に多くいます。それが、家族性高コレステロール血症です。
更年期の女性は注意!コレステロールが高くなる原因と対処法!
女性もコレステロールには注意は必要です。特に閉経前後の女性ホルモンが少なくなってきた中年女性では、高コレステロール血症に要注意なんですよ。