悪玉コレステロールの危険性

悪玉コレステロールの危険性記事一覧

悪玉コレステロールを減らさなければいけないのは、数値が基準値をオーバーした場合です。コレステロールの値は、血液検査で知ることが出来ます。総コレステロールと悪玉コレステロール(LDL)、善玉コレステロール(HDL)の基準値を説明します。コレステロールの基準値(日本人間ドック学会の発表)日本人間ドック学会が発表した健康診断の新基準値は次の通りです。総コレステロール値●総コレステロール値(男性) 151...

自分の悪玉コレステロールの数値を調べる方法は、血液液検査を受けることです。病院などで採血し血液検査を受ければ、総コレステロール、悪玉コレステロール、善玉コレステロールLの数値を知ることができます。ただ、普通は、何も症状がもないのに血液検査を受けに、病院に行く方は、ほとんどいないと思います。多くの人は、会社や自治体の「健康診断」で血液検査を受けて、「悪玉コレステロール(LDL)」の数値が高い事を知る...

「血管年齢が平均より高い!」と診断されたら下げる対策が必要です。「あなたの血管年齢は実年齢より10歳上です」と言われると大ショックですね。だけど、血管年齢とはどのような物なのでしょうか?、テレビで聞いたことがあって良くはわからない人がほとんどだと思います。できれば、血管年齢を下げて、実年齢と同じくらいにしたいものです。今回は、血管年齢を下げて実年齢に近づける方法について解説します。

血液検査で、悪玉コレステロール(LDL)値が、基準値より低い人がいます。多くの人は、悪玉コレステロール値が、「高い」と指摘されることが多く、悪玉コレステロールを下げる為に、食生活や生活習慣の改善を指導されます。実は、悪玉コレステロール値が、基準値以下で低い場合も、体に異変が出ているサインです。今回は、悪玉コレステロール値が、低すぎる原因とその対策について解説します。もし、悪玉コレステロール値が低す...