悪玉コレステロールと血液の関係

悪玉コレステロールと血液の関係

 

悪玉コレステロールが多い方の血液は、ドロドロしていて、流れが遅くなっている傾向にあります。ひどいと血液が固まってきてしまい、流れなくなってしまうので、意識不明となってしまう事も多く、とても危険な状態を招いてしまう事もあるのです。

 

悪玉コレステロールと血液の関係は、とても深いものです。普段から、問題のない生活を送っている方でしたら、代謝も良く、血液の流れが良くなり、何の問題もなく、血液は体内に循環しています。

 

私達が、体を動かしたり、呼吸をしたり、元気に問題なく過ごす事ができるのは、体内で、血液が生命にとって必要不可欠な物質を運んでくれているからです。

 

酸素や栄養分、水分などは、私達の体にとって、とても貴重で欠かせないものです。特に水分は、人間の70%を占めているので、とても重要な割合を示しているのです。何日も食べ物を摂らないでも生きていく事は可能でも、水分は食料不足よりも致命的で、脱水症状というのは、多くの危険な病気を招き、命に関わる事も多いのです。

 

悪玉コレステロールなどが血管壁に蓄積されていってしまうと、当然、血管の道を塞いでしまう事となってしまうので、それだけ血液の流れは滞ってしまうという事も、十分納得できます。

 

血液の流れを良くしていくためにも、体を脱水状態にしてしまう事はいけません。喉が乾いていなくても、こまめに水分を摂取するようにし、血液が滞りなく、スムーズに通うようにする事が大切です。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

関連ページ

悪玉コレステロールの数値(基準値)
悪玉コレステロールの数値(基準値)について説明します。
悪玉コレステロールを調べる方法
悪玉コレステロールを調べる方法について説明します。
血管年齢を下げる(血管若返り)方法!動脈硬化を改善しよう!
動脈硬化を改善して「血管年齢を下げる」血管若返りの方法について解説します。
悪玉コレステロールが低い原因と対策!低すぎるのは病気のサインかも!?
悪玉コレステロール値が、基準値以下で低い場合も、体に異変が出ているサインです。