悪玉コレステロールの数値

悪玉コレステロールの数値(基準値)

 

悪玉コレステロールを減らさなければいけないのは、数値が基準値をオーバーした場合です。

 

 

コレステロールの値は、血液検査で知ることが出来ます。

 

総コレステロールと悪玉コレステロール(LDL)、善玉コレステロール(HDL)の基準値を説明します。

 

コレステロールの基準値(日本人間ドック学会の発表)

 

日本人間ドック学会が発表した健康診断の新基準値は次の通りです。

 

総コレステロール値

●総コレステロール値(男性) 151〜254mg/dl

 

●総コレステロール値(女性 30〜44歳) 145〜238mg/dl
●総コレステロール値(女性 45〜64歳) 163〜273mg/dl
●総コレステロール値(女性 65〜80歳) 175〜280mg/dl

 

LDL(悪玉)コレステロール値

●LDLコレステロール値(男性) 72〜178mg/dl

 

●LDLコレステロール値(女性 30〜44歳) 61〜152mg/dl
●LDLコレステロール値(女性 45〜64歳) 73〜183mg/dl
●LDLコレステロール値(女性 65〜80歳) 84〜190mg/dl

ただ、基準値に関しては、各機関や病院でも必ずしも同じものではないようです。

 

 

脂質異常症と判断される基準値

コレステロールの数値が基準値に収まっていない場合や、中性脂肪値が基準値以上の場合には、「脂質異常症」と判断されます。この基準値を紹介します。

 

日本動脈硬化学会による脂質異常症の診断基準値

高LDLコレステロール血症:LDLコレステロール値(140mg/dl以上)

低HDLコレステロール血症:HDLコレステロール値(40mg/dl未満)

高中性脂肪血症:トリグリセライド値(150mg/dl以上)

 

以前は、診断基準の指標は「総コレステロール値(220mg/dl以上)」でしたが、現在では、悪玉(LDL)と善玉(HDL)を分けて各数値により判断されます。

 

しかし、動脈硬化をすすめる「危険因子」がある場合は、医師の判断で、基準値以内であっても「脂質異常」と判断され治療を行う場合もあります。

 

動脈硬化の危険因子

  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 高血糖(糖尿病)
  • 喫煙
  • 体質
 

関連ページ

悪玉コレステロールを調べる方法
悪玉コレステロールを調べる方法について説明します。
血管年齢を下げる(血管若返り)方法!動脈硬化を改善しよう!
動脈硬化を改善して「血管年齢を下げる」血管若返りの方法について解説します。
悪玉コレステロールが低い原因と対策!低すぎるのは病気のサインかも!?
悪玉コレステロール値が、基準値以下で低い場合も、体に異変が出ているサインです。