悪玉コレステロールを調べる方法

悪玉コレステロールを調べる方法

 

自分の悪玉コレステロールの数値を調べる方法は、血液液検査を受けることです。

 

 

病院などで採血し血液検査を受ければ、総コレステロール、悪玉コレステロール、善玉コレステロールLの数値を知ることができます。

 

ただ、普通は、何も症状がもないのに血液検査を受けに、病院に行く方は、ほとんどいないと思います。

 

多くの人は、会社や自治体の「健康診断」で血液検査を受けて、「悪玉コレステロール(LDL)」の数値が高い事を知ることになります。

 

悪玉コレステロール(LDL)が単に高いだけだと、ほとんど症状には表れない場合がほとんどです。

 

その為、検査を受けずに、悪玉コレステロールが高い状態を放置すると、「動脈硬化」が進行して突然、「心筋梗塞」や「脳梗塞」が突然、発症する場合もあるわけです

 

ここのような事からも、「健康診断」での血液検査は、必ず受けるようにしなければいけません。

 

もし、悪玉コレステロールが高いと指摘されたら場合は、病院での治療、当サイトで紹介しているような自分でできる悪玉コレステロールを下げる方法を行う必要があります。

 

参考:悪玉コレステロールの回避方法

 

関連ページ

悪玉コレステロールの数値(基準値)
悪玉コレステロールの数値(基準値)について説明します。
血管年齢を下げる(血管若返り)方法!動脈硬化を改善しよう!
動脈硬化を改善して「血管年齢を下げる」血管若返りの方法について解説します。
悪玉コレステロールが低い原因と対策!低すぎるのは病気のサインかも!?
悪玉コレステロール値が、基準値以下で低い場合も、体に異変が出ているサインです。