アリシンの効果と多く含む野菜とは

アリシンの効果と多く含む野菜とは!? にんにく・玉ねぎで血液サラサラ!

 

アリシンの効果が注目されています。

 

 

「にんにく」は、昔から世界各地で健康に効果的とされ、多く食べられてきました。

 

にんにくのパワーの秘密は多く含まれる成分「アリシン」のだと言われています。

 

アリシンに期待できる効果は、血液サラサラ、疲労回復やアンチエイジンなど、さまざまです。

 

そこで今回は、アリシンの効果と多く含まれる野菜について紹介します。

 

 

アリシンは「にんにく」「玉ねぎ」などユリ科の野菜に多く含まれる成分

 

アリシンはニンニクなどを刻んだときに発生する成分です

 

生のニンニクに含まれるアイリンという成分が、ニンニクの細胞をこわすことによってアリシンに変化します。

 

アイリンはニンニク、タマネギ、長ネギ、ニラなどのネギ科の植物に含まれる成分ですが、ニンニクにとくに豊富に含まれています。

 

ニンニクは古くから調味料として使われるほか、疲労回復、滋養強壮、風邪の予防、食物の腐敗防止などの目的で食べられてきました。

 

1944年にその効果を発揮する物質がアリシンという硫黄化合物であることが解明されました。

 

 

アリシンを多く含む野菜(食べ物)

アリシンを多く含む野菜(食べ物)を紹介します。

 

 

  • ニンニク
  • ねぎ
  • 玉ねぎ
  • にら
  • あさつき
 

アリシンの効果

 

アリシンの期待できる効果について紹介します。

 

血液サラサラ効果

タマネギの「血液サラサラ効果」は有名ですが、これはアリシンの効果でタマネギに限らずニンニクや長ネギにもあります。

 

 

アリシンには血小板の凝固を防ぐ作用があり、血液をサラサラにします。

 

この作用と血管拡張作用があいまって末梢血管の血行を促進します。

 

血液サラサラ効果は血栓ができるのを防ぐので、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを減らす効果もあります。

 

参考:血液サラサラにする食べ物・飲み物・サプリ!動脈硬化の予防に!ドロドロ血は危険!

 

生活習慣病の予防

アリシンの血糖値の上昇を抑える作用で糖尿病を予防する効果が期待できます。

 

血管拡張作用や動脈硬化の進行をおさえる効果は高血圧の予防につながります。

 

またアリシンは、動物実験でコレステロールや中性脂肪の増加を抑制する効果が確認されているので、脂質異常症の予防効果も期待できます。

 

疲労回復の効果

アリシンには疲労回復の効果が期待できます。

 

 

疲労回復のサプリメントとして有名な「アリナミン」の商品名が「ニンニク+ビタミンB1」に由来していることをご存知でしたか?

 

ビタミンB1は血液中の糖をエネルギーに変えるときに欠かせないビタミンで「疲労回復のビタミン」といわれていますが、ビタミンB1がアリシンと結びつくと「アリチアミン」という物質になり、その作用がさらに活性化し、持続するようになります。

 

アリチアミンはビタミンB1誘導体と呼ばれ、ビタミンB1の吸収を高める活性型ビタミンとして有名になりました。

 

食物に含まれるビタミンB1はそのままでは50%ほどしか糖代謝に利用されませんが、アリチアミンになると100%近くが有効活用されるといわれています。

 

ニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1といっしょに摂ることで、糖をエネルギーに変える代謝が高まり、疲労回復の効果を発揮するのです。

 

ダイエットの効果

糖の代謝を活性化するアリシンには血糖値の上昇を抑える効果があり、それが脂肪の蓄積を抑えることにつながります。

 

つまり食品のカロリーがエネルギーとして消費される割合が高まることで、ダイエットにも役立つわけです。

 

冷え症改善

アリシンには血管拡張・血流アップの作用が期待できます。

 

2016年12月に放送されたNHKの「ためしてガッテン」では、長ネギに含まれるアリシンには血管拡張・血流アップの作用があることが紹介されていました。

 

番組ではそれが風邪の予防になることが強調されていましたが、末梢血管の拡張は手足の冷えの改善にも役立ちます。

 

アンチエイジング

アリシンには体内の抗酸化酵素を活性化する作用があると言われています。

 

それによって抗酸化力が高まり、血管の若さを保つ(動脈硬化を予防する)効果が期待できます。

 

血流の改善や血管の若さは、肌への栄養補給を促進して「若い肌」をたもつアンチエイジング効果も期待できます。

 

アリシンの抗酸化作用はがんの予防でも効果が期待されています。

 

抗菌・殺菌作用

アリシンには抗菌・殺菌作用があると言われています。

 

ニンニクは古くから食物の腐敗防止や風邪の予防などに使われてきましたが、最近の研究でも、アリシンはカンジダ菌やサルモネラ菌など多くの細菌に対して抗菌・殺菌作用があることが確認されています。

 

その反面、アリシンを過剰に摂取すると腸内細菌のバランスをくずすことがあります。

 

 

アリシンの効果的な摂取法

 

アリシンの効果をアップさせる摂取方法を紹介します。

 

ビタミンB1と一緒に摂る

アリシンはビタミンB1と結合することでその働きが活性化します。

 

 

ニンニクなどからアリシンを摂取するときはビタミンB1を含んだ食品といっしょに摂ることが大切です。

 

ビタミンB1をとくに多く含む食品は豚肉です。豚のひれ肉とモモ肉には100g中に約0.9mg、ロースとバラ肉には0.5〜0.6mg含まれています。

 

ビタミンB1は肉の脂肪ではなく、赤身に含まれる成分です。

 

魚では、うなぎ、タイ、カレイ、鮭などに多く(0.2〜0.7mg)含まれています。

 

その他に、大豆、枝豆、ピーナツなどの豆類(0.2〜0.3mg)、小麦粉、海藻(のり昆布、ひじき)などにも含まれています。

 

このようなビタミンB1が豊富な食品とにんにくを組み合わせた料理がおすすめになります。

 

 

ビタミンB1が豊富な食品

ビタミンB1が豊富な主な食品を紹介します。

 

  • 豚ヒレ肉
  • 豚もも肉
  • 豚ロース肉
  • 豚ハム
  • うなぎ
  • タイ
  • カレイ
  • 大豆

 

参考:ビタミンB1の多い食品と、食品のビタミンB1の含有量一覧表

 

ニンニクなどは細かく刻む

アリシンは細胞が壊れることでアイリンが変化してできる成分なので、細かく刻むことでより多くのアリシンが発生します。

 

先ほど触れた「ためしてガッテン」でも長ネギをとにかくよく刻むことでアリシン効果がアップされることが強調されていましたが、ニンニクももちろん同じです。

 

臭いが気になるときは油で調理する

独特の臭いは加熱すると緩和されます。

 

生のニンニクに含まれるアイリンをアリシンに変える酵素は加熱することによって壊れるので、加熱する前に良く刻んで、アイリンをアリシンに変えてから調理することが大切です。

 

アリシンも熱に強い物質ではありませんが、脂で調理することで分解されにくくなります。

 

また、ニンニクの臭みは油で調理すると良い香りに変化します。

 

食べすぎに注意

ニンニクを食べすぎると胃の調子が変になることがあります。

 

腸内細菌のバランスをくずすこともあります。アリシンは効用が多いぶん刺激も大きいのですね。

 

とくに生のニンニクは刺激が大きいので、いちどに食べる量は生なら1片、加熱するときは2〜3片が適量です。

 

アリシンを含むサプリメント

 

にんにくサプリ、アリシンのサプリは数多く発売されていますが、その中で有名なものをいくつかご紹介します。

 

健康家族伝承にんにく卵黄の特徴

にんにく健康食品でNO.1級の売り上げを誇る売れてる商品です。

九州産の「有機にんにく」と、九州産の有精卵の黄身を使っている高品質なにんにく卵黄です。

さらに、現代人に不足している「オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)」を含んだアマニ油 カプセルタイプなのでニオイもまったくありません。 

カプセルタイプなのでニオイもまったくありません。 

価格 1382円
評価 評価5
備考 通常購入:1382円(税込) 定期購入:1243円(税込)

やわたの熟成にんにく卵黄の特徴

健康食品の通販で有名な「やわた」のにんにく卵黄です。

にんにくは青森産の福地ホワイト6片、卵は熊本県産の平飼ぼ有精卵を使用しています。 

高品質な素材が自慢のにんにくサプリです。

職人によりにんにくを30日間熟成させてパワーアップさせています。

価格 2160円
評価 評価4.5
備考 通常購入:2160円(税込)

にんにく玉ゴールドの特徴

安心の伝統的な製法で手間暇かけて作られた本格的なにんにく卵黄です。

カプセルではなくそのままの「にんにく玉」です。

その分、ひと粒当たりのにんにく量は圧倒的に他を上回ります。

ただ、ニオイがあるので気になる方には向きませんが、成分が重視の人にはおすすめです。 

価格 2400円
評価 評価4.5
備考 一か月お試し:2400円(税込) 定期購入:2袋セット 3770円(税込)
 

まとめ

 

アリシンの効果や多く含まれる野菜などについて解説しましたが、いかがでしょうか?

 

アリシンには、うれしい効果が沢山あるので、積極的に摂取したい成分です。

 

「にんにく」を積極的に食事に取り入れることをオススメします。

 

ただ、匂いが気になるという方は、サプリメントなどの利用も考えてみてください。

 

 

関連ページ

悪玉コレステロールのデメリット
悪玉コレステロールのデメリットについて説明します。
悪玉コレストロールを減らすには油の摂り方を注意する!
悪玉コレステロールを減少させる為の「油」の知識とりり方を解説します。
悪玉コレステロールを下げる食生活!水溶性食物繊維の効果
悪玉コレステロールを下げる食生活について説明します。今回は、水溶性食物繊維の効果について紹介します。
サポニンの効果や摂取方法とは?コレステロール値を下げる働きに注目!
「健康になれる!」と話題のサプリメントなどに含まれており、その効果が期待されているサポニン。特に現代人にとって非常に大きな悩みとなっている「コレステロール」に関する健康効果が注目されています。
悪玉コレステロールを減らす食事法・調理法
悪玉コレステロールを減らす食事について解説します。
コレステロールとストレスの関係
ストレスが悪玉コレステロールを増やす原因になります。コレステロールとストレスの関係について解説します。
アマニ油(亜麻仁油)の効果!オメガ3脂肪酸は悪玉コレステロールを減らす!
アマニ油(亜麻仁油)の効果について解説します。アマニオイルには、悪玉コレステロールを減らす働きなど多くの効果があります。
EPA ・DHAの効果!悪玉コレステロール・中性脂肪を減らして血液サラサラ
EPA・DHAの効果は、悪玉コレステロール・中性脂肪を減らして血液サラサラにしてくれるなど多くの効果が期待できます。
青汁の効果とは!?コレステロール・ダイエット・便秘などにも!
青汁の効果について解説します。青汁は健康に良いと言われていますが実際にどのような効果が期待できるのでしょうか?余分なコレステロールの排除やダイエット、便秘などにも効果が期待できるようです。
血液サラサラにする食べ物・飲み物・サプリ!動脈硬化の予防に!ドロドロ血は危険!
血液サラサラにする食べ物・飲み物・サプリを紹介します。ドロドロ血は血中の悪玉コレステロールや中性脂肪などが多い状態です。血液をサラサラにする食べ物とは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす食べ物・飲み物・サプリです。
内臓脂肪を減らす方法!サプリのおすすめも紹介!
内臓脂肪を減らす方法について解説します。内臓脂肪に効果的のおすすめめサプリもランキング形式で紹介します。
桑の葉茶の効能とは?ダイエットに!コレステロール・中性脂肪を下げる!?
桑の葉の効能が素晴らしいということで最近、大変注目を浴びています。特に、各種メディアなどでダイエットの効能が注目されて知られるようになりました。桑の葉は、主に「桑の葉茶」として飲まれるのが一般的ですが、漢方薬やサプリメントに含まれている場合もあります。そこで今回は、桑の葉(桑の葉茶)の素晴らしい効能について解説します。