サポニンの効果や摂取方法

サポニンの効果や摂取方法とは?コレステロール値を下げる働きに注目!

 

サポニンは話題の成分でその効果に期待が集まっています。

 

 

特に現代人にとって非常に大きな悩みとなっている「コレステロール」に関する健康効果が注目されています。

 

今回はサポニンについての基本的な知識やその効果、摂取方法などについて詳しくご紹介します。

 

 

サポニンとは?

 

サポニンは、アントシアニンやイソフラボンと同じ「配糖体」と呼ばれる成分のひとつです。

 

大豆サポニンと人参サポニンが代表的

サポニンは植物の葉や根っこ、茎などに含まれていて、大豆や高麗人参などに多く含まれています。

 

大豆に含まれているものは「大豆サポニン」高麗人参に含まれているものは「人参サポニン」と呼ばれ、含まれている植物によって名前も性質も変わります。

 

特に健康への高い効果があるサポニンとして代表的なのは、大豆と高麗人参に含まれている「大豆サポニン」「人参サポニン」の2つです。

 

石鹸を作るのに利用されていた

昔から水と油どちらにも溶ける性質があることや殺菌効果や抗菌効果があることから、石鹸に使用されてきました。

 

化粧品では天然の界面活性剤として利用されており、オーガニックコスメに配合されている成分として見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

サポニンの主な効果

 

サポニンに期待できる主な効果について紹介します。

 

サポニンがサプリメントなどの健康食品に多く含まれており、健康に良いとされているは、以下のような効果があると言われているからです。

 

主な効果についてご紹介します。

 

血流改善

サポニンには血流を改善させる作用があると言われています。

 

特にに高麗人参や田七人参などに含まれている「人参サポニン」にこのような効果があるようです。

 

血流が滞っていると血栓ができて動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞といった病気に繋がる可能性があります。そのほかにも血流が悪いと様々な不調や病気が引き起こされる可能性があります。

 

血流が改善されることで顔色が良くなるなどの美容効果も期待できます。

 

免疫力をアップさせる

サポニンには病原菌などを排除するための「ナチュラルキラー細胞」を活発にさせる作用があります。

 

これにより、免疫力がアップして風邪を引きにくくなるといった効果が期待されます。

 

風邪などのウイルスだけでなく、インフルエンザなどの病気になりにくくなるといった効果も期待されています。

 

免疫力低下が問題となっている現代人にとっては、非常に注目しておきたい効果ですね。

 

悪玉コレステロールの値を下げる

サポニンには悪玉コレステロール値を下げる効果が期待できます。

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)はいわゆる「ドロドロ血液」の大きな原因と言われています。

 

様々な病気や不調の原因となる可能性があるので、悪玉コレステロール値を下げる作用のある食べ物や栄養素は注目されています。

 

サポニンもその作用がある成分の1つで、実際に悪玉コレステロールの値が減ったという方も少なくはありません。

 

肝機能を高める

サポニンには肝機能を高める効果が期待できます。

 

カロリーの高い食事をしている人が注意しておきたい、肝臓の障害。肝臓の障害はカロリーの多い食事により過酸化脂質という成分が増えることで引き起こされます。

 

サポニンにはこの原因となっている過酸化脂質を抑える働きがあります。

 

肥満予防

サポニンには、脂肪の吸収を抑えて肥満を予防する作用があります。

 

ダイエット目的としてはもちろん、メタボリック症候群の予備軍になっている方などにとっては嬉しい内臓脂肪を減らす作用が実際に研究結果により証明されています。

 

脂肪が蓄積されるのを防ぐので、健康的な体づくりに役立ちます。

 

特にコレステロールを下げる働きに注目!

 

サポニンには様々な作用がありますが、特に注目されているのは「悪玉コレステロールの値を下げる作用」です。

 

 

ここでは、の悪玉コレステロールについて解説します。

 

悪玉コレステロールは動脈硬化を引き起こす

悪玉コレステロールは食べ過ぎや油の多い食事、アルコールの過剰摂取などによって増加します。

 

いわゆる「不摂生」をしていると、自然に増えていってしまうのです。現代人、特に男性に多いと言われていたのですが、近年は女性でも悪玉コレステロールの値が高い人が増えています。

 

悪玉コレステロールの値が高いと血流が悪くなり血栓が出来やすくなります。心臓に血栓ができると心筋梗塞、脳に出来ると脳梗塞を発症するリスクが高まります。

 

などの大きな病気に繋がる可能性があるので注意しなければなりません。

 

健康診断で基準値以上だと判断されたら要注意!

近年は会社などで行われる簡単な健康診断でも悪玉コレステロールの値を調べることがほとんどです。

 

「LDLコレステロール」と書かれている部分をチェックしてみましょう。

 

基準値は【70〜139r/dl】となっています。

 

そのため、この値をオーバーすると「悪玉コレステロール値が高い」と言えます。

 

つまり、コレステロールの値を下げるために「食生活の改善」や「生活習慣の見直し」を行う必要があるという事です。

 

サポニンには悪玉コレステロールを低下させる働きがある

サポニンには悪玉コレステロールを下げる働きがあるので食生活に取り入れましょう。

 

悪玉コレステロール値を改善するのは、「食生活の改善」や「生活習慣の見直し」を行う必要があります。

 

食生活の改善の一つととして、悪玉コレステロールを下げる効果が期待できる「サポニン」を多く含む食品を食事に取り入れることをオススメします。

 

悪玉コレステロールの値を下げるためのサポニン摂取方法

 

サポンンの摂取する方法について解説します。

 

悪玉コレステロールの値がか高いのでサポニンを摂取したいとと考えている方にオススメのサポニンの摂取方法をご紹介します。

 

大豆製品で大豆サポニンを摂取する

健康効果があるとされている大豆サポニンは、大豆加工食品に多く含まれています。

  • 高野豆腐
  • 納豆
  • 豆乳
  • 豆腐
  • 味噌
  • おから

最低でも1日1品を目安に大豆製品を取り入れていくといいでしょう。

 

ただし、大豆にはサポニン意外にもイソフラボンなどの栄養素が含まれており、過剰摂取には注意しなければなりません。

 

ゴボウ茶からサポニンを摂取する

ゴボウの皮にもサポニンが多く含まれています。

 

ゴボウを皮を使用した、ゴボウ茶を飲むことでサポニンを簡単に摂取することが出来ます。

 

ミネラルも豊富に含まれていて、便秘の解消、むくみの解消なども期待できます。

 

お茶なので手軽なのが魅力的ですね。

 

 

サプリメントで効率よく摂取する

サポニンはサプリメントで効率よく摂取するこが出来ます。

 

大豆加工食品は比較的普段の食生活に取り入れやすいですが、人参サポニンが含まれている高麗人参などは普段の食事で摂取するのは難しいです。

 

スーパーなどで売られているようなものではないので、手に入れることすら難しいでしょう。そのため、サプリメントなどで効率よく摂取する方法が一般的です。

 

高麗人参や田七人参などサポニンが豊富に含まれているサプリメントは色々な種類があります。

 

目的や飲みやすさ、コスパなどに注目して自分に合ったものを選びましょう。

 

おすすめの【サポニン】サプリメント

サポニンが手軽に摂取できる人気の「サプリメント」を紹介します。

 

白井田七(しらいでんしち)の特徴

完全無農薬・有機栽培の貴重な田七人参をサプリにしました!

田七人参は古くから注目され珍重されてきました。

サポニンの量は有名な「高麗人参」に比べて「7倍」も多いと言われています。

さらに、「フラボノイド」や「必須アミノ酸」などの有効成分が、サポニンの働きをサポートしてくれます。

価格 3980円
評価 評価5
備考 定期初回:3980円(税別) 二回目以降:5184円(税別)

高麗美人の特徴

更年期世代の女性に大絶賛のサプリ

高麗美人には、高麗人参のサポニンがたっぷり配合されています。

使用される高麗人参は、プンギ産の6年物でとても貴重な原料になります。

さらに、鉄分、亜鉛、カルシウムや、コラーゲンの原料となるアミノ酸をたっぷり18種類も配合しています。

価格 2570円
評価 評価4.5
備考 定期初回:2570円(税込) 二回目以降:2570円(税込) 通常:3024円
 

まとめ

 

サポニンの効果について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

 

サポニンには、さまざまな健康に関わる効果が期待できます。

 

特に、悪玉コレステロールが気になる方には特に、摂取してほしい成分です。

 

ただ、サポニンだけでは、問題は解決しません。

 

「食生活の改善」の一つとして、食生活の中で、サポニンを含む食品を取り入れてください。

 

 

 

関連ページ

悪玉コレステロールのデメリット
悪玉コレステロールのデメリットについて説明します。
悪玉コレストロールを減らすには油の摂り方を注意する!
悪玉コレステロールを減少させる為の「油」の知識とりり方を解説します。
悪玉コレステロールを下げる食生活!水溶性食物繊維の効果
悪玉コレステロールを下げる食生活について説明します。今回は、水溶性食物繊維の効果について紹介します。
アリシンの効果と多く含む野菜とは!? にんにく・玉ねぎで血液サラサラ!
アリシンに期待できる効果は、血液サラサラ、疲労回復やアンチエイジンなど、さまざまです。そこで今回は、アリシンの効果と多く含まれる野菜について紹介します。
悪玉コレステロールを減らす食事法・調理法
悪玉コレステロールを減らす食事について解説します。
コレステロールとストレスの関係
ストレスが悪玉コレステロールを増やす原因になります。コレステロールとストレスの関係について解説します。
アマニ油(亜麻仁油)の効果!オメガ3脂肪酸は悪玉コレステロールを減らす!
アマニ油(亜麻仁油)の効果について解説します。アマニオイルには、悪玉コレステロールを減らす働きなど多くの効果があります。
EPA ・DHAの効果!悪玉コレステロール・中性脂肪を減らして血液サラサラ
EPA・DHAの効果は、悪玉コレステロール・中性脂肪を減らして血液サラサラにしてくれるなど多くの効果が期待できます。
青汁の効果とは!?コレステロール・ダイエット・便秘などにも!
青汁の効果について解説します。青汁は健康に良いと言われていますが実際にどのような効果が期待できるのでしょうか?余分なコレステロールの排除やダイエット、便秘などにも効果が期待できるようです。
血液サラサラにする食べ物・飲み物・サプリ!動脈硬化の予防に!ドロドロ血は危険!
血液サラサラにする食べ物・飲み物・サプリを紹介します。ドロドロ血は血中の悪玉コレステロールや中性脂肪などが多い状態です。血液をサラサラにする食べ物とは悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす食べ物・飲み物・サプリです。
内臓脂肪を減らす方法!サプリのおすすめも紹介!
内臓脂肪を減らす方法について解説します。内臓脂肪に効果的のおすすめめサプリもランキング形式で紹介します。
桑の葉茶の効能とは?ダイエットに!コレステロール・中性脂肪を下げる!?
桑の葉の効能が素晴らしいということで最近、大変注目を浴びています。特に、各種メディアなどでダイエットの効能が注目されて知られるようになりました。桑の葉は、主に「桑の葉茶」として飲まれるのが一般的ですが、漢方薬やサプリメントに含まれている場合もあります。そこで今回は、桑の葉(桑の葉茶)の素晴らしい効能について解説します。