血液サラサラにする食べ物

血液サラサラにする食べ物・飲み物・サプリ!動脈硬化の予防に効果的!ドロドロ血は危険!

 

血液をサラサラにするのに日頃の食べ物は大きく影響を与えます。

 

 

血液がサラサラでなくドロドロになる主な理由は、偏った食生活と運動不足です。

 

血液なドロドロになると動脈硬化を進めてしまい怖い成人病を発症するリスクが高まります。

 

今回は、血液をサラサラにするのに効果的な食べ物や飲み物を紹介します。

 

日頃の食べ物や飲み物で血液をサラサラにし動脈硬化を予防たい方は、是非、チェックしてください。

 

 

血液サラサラにが大事!ドロドロ血の危険性!

 

血液サラサラではなくドロドロ血だと動脈硬化を招くリスクが高まります。

 

 

血液がドロドロというのは、中性脂肪やコレステロールなどの物質が多い状態で「粘度」が高まり血流が悪くなった状態です。

 

血中のコレステロールや中性脂肪が基準値よりも高い病気を「脂質異常症」と呼びますが、脂質異常症の人の血液はドロドロ血だと言えます。

 

脂質異常症は、もともと日本人には少なかったのですが、食の欧米化で、現在なんと、50代の男性の2人に1人が脂質異常症、もしくは予備軍だと言われています。

 

心筋梗塞・脳梗塞などの命の危機に発展

ドロドロ血が続くと動脈硬化を進行させ心筋梗塞や脳梗塞などの致命的な病気のリスクを高めます。

 

ドロドロ血の原因となる過剰な悪玉コレステロールは、血管の内部に徐々に溜まって、血管を厚くして弾力性を失わせます。これを動脈硬化と呼びます。

 

さらに、動脈硬化が進むと血管に「ゴミのコプ」のようなものが出来て血管を狭めてしまいます。この様な状態になると「動脈硬化」かなり進行して危険な状態です。

 

血管が硬くなり狭くなると、血管が詰まり易くなります。実際、脳の血管が詰まると「脳梗塞」、心臓の血管が詰まると「心筋梗塞」となります。

 

また、血管が硬くなっているので、破れ易くなっています。実際に脳の血管が破れると「脳出血」と呼ばれます。

 

いづれの病気も、非常に危険で命に関わるような重大な病気です。

 

このような事から、血液がドロドロなら対策して、サラサラの血液を目指さなければ行けない分けです。

 

血液サラサラにする食べ物・飲み物

 

血液サラサラに効果的な食べ物・飲み物を紹介します。

 

血液サラサラする食べ物を紹介するのに、覚え易くて的確な表現があるので、それに従って紹介します。

 

それは、血液サラサラの合言葉「オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」です。

 

  • 【オ】お茶類
  • 【サ】魚類
  • 【カ】海藻類
  • 【ナ】納豆
  • 【ス】お酢
  • 【キ】きのこ類
  • 【ヤ】野菜
  • 【ネ】ネギ類

 

それでは、それぞれについて解説します。

 

参考:悪玉コレステロールを減らす食生活

 

【オ】お茶類

お茶類には血液サラサラをサポートする成分が豊富に含まれています。

 

特に日本茶には、「カテキン」というポリフェノールの1種が含まれていて、その働きから特定保健用食品などにも配合されています。

 

「カテキン」には悪玉コレステロール、血圧の上昇を抑えてくれる働きが有ります。

 

さらに、「カテキン」は、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので、中性脂肪の吸収を穏やかにする効果も期待できます。

 

その他にも同じような働きが期待できるお茶が多数あります。

 

血液サラサラにおすすめなのは主に次のようなお茶です。

  • 日本茶
  • ウーロン茶
  • 麦茶

 

お茶は、食事と一緒に飲むことで効果を発揮するので、食事の時に飲むようにしましょう。

 

 

【サ】魚類

魚類(特に、青魚)には血液サラサラ成分が豊富に含まれています。

 

魚類、特に青魚には「DHA」、「EPA」というオメガ3系の脂肪酸が豊富に含まれていいます。

 

この「DHA」、「EPA」はドロドロ血の原因となる悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

 

参考:DHA・EPAの効果

 

ただ、「DHA」や「EPA」は熱に弱い特性があるので、生で食べるのが一番、効率的です。加熱調理は控えた方が良いでしょう。

 

血液サラサラにおすすめは主に次のような魚です。

  • サバ
  • イワシ
  • ブリ
  • サンマ
  • アジ
  • カツオ
  • マグロ

 

 

【カ】海藻類

海藻類にはミネラルや食物繊維が豊富で血液サラサラをサポートします。

 

海藻類には水溶性食物繊維やミネラルが豊富です。特に海藻の30〜60%を占めるネットリとした質感をのもとになる、水溶性食物繊維の「アルギン酸」には様々な面で血液サラサラをサポートしてくれます。

 

海藻類に豊富に含まれる食物繊維(主に水溶性食物繊維)は、余分なコレステロールを対外へ排出してくれます。また、血糖値の急激な上昇を抑えて中性脂肪の吸収を穏やかにしてくれます。

 

特に、「アルギン酸」にはカリウムが含まれていて余分な塩分(ナトリウム)を排出してくれ、高血圧の予防や改善に役立つと言われています。

 

高血圧は動脈硬化を進めてしまう要因の一つです。

 

海藻類の中でも「わかめ・昆布・ヒジキ」などににアルギン酸が豊富に含まれます。

 

加熱をしても失われることはないので、なじみ深いわかめのみそ汁や、煮つけ昆布などでも十分に摂取可能です。

 

 

【ナ】納豆

納豆にはナットウキナーゼと呼ばれる独自の血液サラサラ成分が含まれています。

 

ナットウキナーゼには血栓(血管の詰まり)を溶かす作用があると言われている成分で血液サラサラには大きな働きが期待できます。

 

さらに、大豆に豊富に含まれる「サポニン」には、ドロドロ血の原因となる悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。

 

食物繊維も豊富なので、血液サラサラの食べ物とてとても優秀な食べ物だと言えます。

 

是非、日頃の食生活に取り入れて行きましょう。

 

【ス】お酢(クエン酸・酢酸)

クエン酸には、血栓予防の働きが有り血液サラサラにも効果が期待できます。

 

その効果を応用して、医療現場で使われる輸血用血液には、凝固を防ぐ目的でクエン酸ナトリウムが配合される程なんです。

 

お酢にも色々種類が合って迷いますよね。実は、種類によって、クエン酸、酢酸のどちらが主成分となるかは異なります。

 

例えば、もろみ酢であればクエン酸が主成分ですし、米酢であれば酢酸の方が量としては多くなります。

 

酢酸は体内でクエン酸に変化するので、お酢の種類はお好みで選んで問題ありません。

 

強いて言うのであれば、米酢の中でも「黒酢」が血液サラサラ効果を最も発揮すると人気です。

 

 

【キ】きのこ類

きのこ類は古くから健康に良いと言われていますが、血液サラサラにもおすすめです。

 

シイタケは漢方において「血流をよくする食材」として位置づけられています。

 

きのこ類の中でもシイタケとマッシュルームにのみ含まれる「エリタデニン」というアミノ酸の一種には、血中のコレステロールを排出する働きがあるとされています。

 

さらに、中性脂肪も減らし、血圧を下げる効果、血液を固まらせる成分の生成を抑制する働きもするようです。

 

さらにきのこ類全般では「βグルカン」という多糖体を含み、コレステロール値を下げることが分かっています。

 

参考:β(ベータ)グルカン(わかさの秘密)

 

血液サラサラにおすすめなには次のような「きのこ」です。

  • シイタケ
  • マッシュルーム
  • マイタケ
  • なめこ
  • エリンギ
  • ヒラタケ

 

 

【ヤ】野菜

野菜類には食物繊維やビタミンが豊富で血液サラサラに効果的です。

 

ドロドロ血液の1つの要因に過剰な「活性酸素」が挙げられます。

 

この活性酸素を退治してくれるのが「抗酸化食品・抗酸化成分」と呼ばれるものです。野菜類には、抗酸化力の強い、ビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。

 

ビタミンEであれば、アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃ、赤ピーマンなど。ビタミンCであれば果物類、サツマイモ、ピーマン、コマツナなどに多く含まれます。

 

ビタミンCの1日推奨摂取量は100mgですが、たばこやアルコール習慣のある方は分解の過程でビタミンCやビタミンEを大量に消費します。

 

1箱で500mgのビタミンCを失うと言われる位ですから、そうした習慣のある方は過剰摂取しても害にならないとされるビタミンCは3倍摂取する!位の心構えが必要といえるでしょう。

 

 

【ネ】ネギ類

ネギ類に含まれる「アリシン」が血液サラサラをサポートしてくれます。

 

「長ネギ」、「タマネギ」、「ニンニク」、「あさつき」、「エシャロット」、「にら」、「らっきょう」などのネギ類に含まれる、独特の匂いや刺激の元となっている成分「アリシン」が、血液サラサラ効果をもたらすと言われています。

 

血液凝固を遅らせて、血液をサラサラにする働きがある他、血液中の脂質を減らす効果もあると言われています。

 

玉ねぎを切った後に、刺激を減らすために水にさらすことも多いですよね。アリシンは水に溶け出てしまうので、実はNGなんです。

 

アリシンを増やすためにも水にさらさずに、15分放置し、さらに細かく切るようにしましょう。

 

加熱・生どちらが良いのか気になりますが、結論から言えば、どちらでも効果的です。

 

コレステロールや中性脂肪を減らしたい場合は加熱。血糖値を下げたいならば生のほうが効果的と言われています。

 

参考:アリシン(わかさの秘密)

 

 

血液サラサラの為に控えたい食べ物・飲み物

 

血液サラサラの為に控えたい食品について紹介します。

 

肉類は油の多い肉は控える

肉類は油分の多い部位は避けましょう。

 

肉類の油分は、飽和脂肪酸で悪玉コレステロールを増やしてしまうので控えるようにしましょう。

 

肉類を食べる場合には、油分の多い部位は避け赤身をなどを選ぶのが良いと思われます。

 

肉の種類は、牛肉よりも豚肉、鶏肉を選びましょう。豚肉に含まれる「ポークペプチド」はコレステロールを抑えると言われています。

 

鶏肉の場合は、皮や油部分は取り除いて食べましょう。

 

揚げ物などの総菜は控えましょう

揚げ物などには悪玉コレステロールを増やすトランス脂肪酸が多く含まれている可能性があるので控えましょう。

 

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やしてしまうので、食べないようにしたい脂肪酸(油)です。

 

トランス脂肪酸はもともと油には少し含まれていますが、高温で使うとどんどん増えていく特徴があります。

 

総菜などで使われる油は、高温で何度も使われるこが多く、トランス脂肪酸が多く含まれている可能が高いと言えます。

 

血液サラサラの為にはそのようなトランス脂肪酸が多い油で、揚げた揚げ物は食べないようにしましょう。

 

家庭でも油を高温で使い回しすると同じように、トランス脂肪酸が増えてしまうので注意が必要です。

 

 

使う油に注意する

油は悪玉コレステロールを下げる脂肪酸を使うようにする。

 

基本的に油(脂肪酸)は、動物性脂肪の「飽和脂肪酸」と植物性脂肪の「不飽和脂肪酸」に分けられますが、「飽和脂肪酸」は、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、「不飽和脂肪酸」は悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすと言われています。

 

その為、「飽和脂肪酸」は出来るだけ避けた方が血液サラサラには効果的です。

 

参考:悪玉コレステロールを減らす油の取り方

 

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は動物性脂肪で、常温で固まる性質があります。

 

一部、植物油を加工したマーガリンなども含みます。

 

悪玉コレステロール、中性脂肪を増やので出来るだけ控えた方が良い油です。

 

主な「飽和脂肪酸」は次の通りです。

  • バター
  • ラード
  • 牛肉・豚肉などの油
  • マーガリン
  • その他

 

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は食物性脂肪で常温ではサラサラな液状になる性質があります。

 

不飽和脂肪酸には、3つの種類に分けられます。それは、「オメガ3」、「オメガ6」、「オメガ9」です。

 

オメガ9

オメガ9(オレイン酸)は熱にも強く悪玉コレステロールを減らすので日頃使いの油として特におすすめです。

 

主な「オメガ9」は次の通りです。

  • オリーブ油
  • 米ぬか油
  • ピーナッツ油
  • パーム油
  • その他

 

オメガ6

オメガ6(リノール酸)は一般的に良く使わる油で、悪玉コレステロールを減らしてくれますが同時に善玉コレステロールも減らすと言われ出来れば、控えたい油です。

 

主な「オメガ6」は次の通りです。

  • コーン油
  • 大豆油
  • 綿実油
  • コマ油
  • その他

 

オメガ3(αリノレン酸)

オメガ3(αリノレン酸)は悪玉コレステロールを減らす高い働きがあるので積極的に食べたい油です。

 

オメガ3脂肪酸は、体内で「DHA」「EPA」に変換されて使われます。「DHA」「EPA」には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果が確認されています。

 

ただ、熱に弱いため加熱調理には向きません。サラダに使ったり、そのまま食べたりしたほうが効果的です。

 

主な「オメガ3」は次の通りです。

  • アマニ油
  • エゴマ油
  • しそ油
  • その他

参考:アマニ油の効果

 

アルコール類は控える

アルコールは肝臓で分解され中性脂肪を高めるので血液サラサラの為には控えましょう。

 

アルコールは適量をまもり、つい食べてすぎてしまう「おつまみ」にも注意が必要です。

 

アルコールの適量の目安は次の通りです。

  • ビール(500ml缶1本)
  • 日本酒(180ml:1合)
  • ウイスキー(60ml:ダブル1杯)
  • ワイン(180ml:グラス:2杯)

 

 

血液サラサラにするサプリ

 

食事から血液サラサラの成分を摂れない場合は、サプリを活用しましょう。

 

おすすめの血液サラサラサプリを紹介します。

 

さくらの森「きなり」

血液サラサラ成分の、DHA、EPA、納豆キナーゼがまとめて配合されているサプリ。DHA・EPAはオキアミから抽出された人に吸収されやすい水溶性のDHA・EPAを採用。さらに、配合のアスタキサンチンが抗酸化作用で成分劣化を防いでくれています。

 

 

※一押しの悪玉コレストロールを下げるサプリです。迷ったらこの「きなり」を試してほしいです。

 

 

 

 

 

ニッスイ「イマークS」

魚の専門家「ニッスイ」が魚由来のEPA・DHAを使い悪玉コレストロールを下げる健康ドリンクを開発しました。ドリンクなので吸収力が高く人気です。

 

1000円で試せるチャンスです。

 

 

 

 

 

三黒の美酢

黒酢やニンニクのサラサラ成分に、魚のサラサラ成分のDHA・EPAをプラスしたサプリ。黒酢に含む「アミノ酸」や「レシチン」が溜まったコレストロールに働きます。DHA・EPAが血液サラサラをサポートします。

 

 

 

 

 

美健知箋EPA&DHA

佐藤製薬グループが開発した製薬会社品質の「DHA・EPA」サプリ。厳選された高品質の「DHA・EPA」を一包当たり「750mg」も配合しています。厚労省は一日1,000mgの摂取を推奨しているのでほぼまかなう量にあたりるほどです。

 

 

 

 

 

サントリー「DHA&EPA+セサミンEX」

サントリが提供するセサミンシリーズの一つがこのサプリです。魚由来のDHA・EPAに、ゴマの健康成分「セサミン」に、抗酸化効果のあるビタミンEを加えたサプリ。

 

 

 

 

まとめ

 

血液サラサラにする食べ物と飲み物を紹介しましたが、いかがでしょうか?

 

食事は、食べ物をバランス良く食べるのが基本ですが、血液のサラサラを目指したい人は、紹介した食べ物に注目して食事を摂るようにしてください。

 

また、食事から摂れない場合は、サプリメントを活用しましょう。

 

 

ただ、血液サラサラを目指すには、食べ物に加えて、次のポイントにも注意してください。

 

  • 適度な運動を取り入れる
  • タバコは止める
  • ストレスは溜めない
  • 睡眠は十分とる

 

血液をサラサラに保つのは、動脈硬化などを進めない為にとても大事です。

 

血液サラサラを目指す為に、まずは食事の改善から初めてくださいね。

 

関連ページ

悪玉コレステロールのデメリット
悪玉コレステロールのデメリットについて説明します。
悪玉コレストロールを減らすには油の摂り方を注意する!
悪玉コレステロールを減少させる為の「油」の知識とりり方を解説します。
悪玉コレステロールを下げる食生活!水溶性食物繊維の効果
悪玉コレステロールを下げる食生活について説明します。今回は、水溶性食物繊維の効果について紹介します。
サポニンの効果や摂取方法とは?コレステロール値を下げる働きに注目!
「健康になれる!」と話題のサプリメントなどに含まれており、その効果が期待されているサポニン。特に現代人にとって非常に大きな悩みとなっている「コレステロール」に関する健康効果が注目されています。
アリシンの効果と多く含む野菜とは!? にんにく・玉ねぎで血液サラサラ!
アリシンに期待できる効果は、血液サラサラ、疲労回復やアンチエイジンなど、さまざまです。そこで今回は、アリシンの効果と多く含まれる野菜について紹介します。
悪玉コレステロールを減らす食事法・調理法
悪玉コレステロールを減らす食事について解説します。
コレステロールとストレスの関係
ストレスが悪玉コレステロールを増やす原因になります。コレステロールとストレスの関係について解説します。
アマニ油(亜麻仁油)の効果!オメガ3脂肪酸は悪玉コレステロールを減らす!
アマニ油(亜麻仁油)の効果について解説します。アマニオイルには、悪玉コレステロールを減らす働きなど多くの効果があります。
EPA ・DHAの効果!悪玉コレステロール・中性脂肪を減らして血液サラサラ
EPA・DHAの効果は、悪玉コレステロール・中性脂肪を減らして血液サラサラにしてくれるなど多くの効果が期待できます。
青汁の効果とは!?コレステロール・ダイエット・便秘などにも!
青汁の効果について解説します。青汁は健康に良いと言われていますが実際にどのような効果が期待できるのでしょうか?余分なコレステロールの排除やダイエット、便秘などにも効果が期待できるようです。
内臓脂肪を減らす方法!サプリのおすすめも紹介!
内臓脂肪を減らす方法について解説します。内臓脂肪に効果的のおすすめめサプリもランキング形式で紹介します。
桑の葉茶の効能とは?ダイエットに!コレステロール・中性脂肪を下げる!?
桑の葉の効能が素晴らしいということで最近、大変注目を浴びています。特に、各種メディアなどでダイエットの効能が注目されて知られるようになりました。桑の葉は、主に「桑の葉茶」として飲まれるのが一般的ですが、漢方薬やサプリメントに含まれている場合もあります。そこで今回は、桑の葉(桑の葉茶)の素晴らしい効能について解説します。