悪玉コレステロールが上昇する時

悪玉コレステロールが上昇する時

 

悪玉コレステロールが上昇してしまう時というのは、どのような時と言えるのでしょうか?悪玉コレステロールというのは、色々な要因が関与して、上昇してしまいます。

 

例えば、食生活です。バランスの悪い食生活を続けてしまうと、それだけ悪玉コレステロールも上昇しやすくなってしまいます。特に運動不足の方が、コレステロールの多い食品ばかり摂取していると、それだけ悪玉コレステロールも上昇しやすいと言えます。

 

例えば、コレステロールの多い食品は、比較的油脂の多い食品が多いです。チーズなどもコレステロールが多いです。また、バターやマーガリン、肉類や卵なども挙げられます。

 

これらの食品を多く摂取していても、その分きちんと日頃から運動していれば、コレステロールの多い食品を摂取したとしても、それだけ代謝されていき、悪玉コレステロールはたまりにくくなりますが、もしも運動をあまりしない方ですと、食品から取り入れられたコレステロールがたまってしまい、うまく排泄されずに、血管壁にたまってしまうという事が考えられます。

 

また、ストレスも大きく影響してきます。悪玉コレステロールが上昇しやすいのは、ストレスがたまっている時だとも言えます。ストレスがたまってしまうと、コレステロールもそれだけたまりやすくなってしまうのです。

 

普段の生活習慣で、ストレスをあまりためない生活をしていると、体内の善玉菌が減少してしまい、悪玉菌が増えてきてしまう傾向があるのです。普段からストレスをうまく解消していける人というのは、悪玉コレステロールが上昇しにくいと言えます。

 

関連ページ

悪玉コレステロールがたまる原因
悪玉コレステロールがたまる原因について説明します。
悪玉コレステロールが出来る理由
悪玉コレステロールが出来る理由について説明します。