悪玉コレステロールが出来る理由

悪玉コレステロールが出来る理由

 

摂り過ぎるとよくないと言われている悪玉コレステロールですが、そもそもなぜ悪玉コレステロールはできてしまうのでしょうか?これには、複数の原因が考えられます。

 

一番単純な理由は、加齢です。加齢によって、コレステロールもどうしてもたまりやすくなってしまいます。若い頃は、上手に自然に代謝されていたコレステロールや脂質でも、年と共に、代謝や燃焼がうまくされなくなってしまいます。

 

加齢という原因の他には、運動不足が挙げられます。また、とても暴飲暴食でコレステロールをためこんでしまう方というのも、非常に多いものです。ストレスがたまると、何かと暴飲暴食もしてしまいがちになります。

 

例えば、これは女性に多くありがちなのですが、ダイエットで極端な食事制限を行ってしまうと、それだけストレスもたまりやすくなってしまいます。

 

食べたいものを食べられないもどかしさや、空腹を凌ぐにあたり、疲れを感じてしまったりと、ダイエットをしていると、我慢をため込んでしまい、心身共に疲れてしまい、ストレスによって、突然過食に走ってしまうというケースも、よくありがちなケースです。

 

これを繰り返してしまっていると、暴飲暴食によって、コレステロールがたまりやすくなってしまい、蓄積されていってしまうのです。

 

これを避けるためにも、空腹にいきなりお酒や脂肪分を入れようとせずに、一日のうちに、規則正しい食生活を送り、バランスのいい生活をする事が大切です。

 

バランスのいい食生活をしていれば、ストレスをためるという事もなくなっていき、悪玉コレステロールも緩和されていきます。

 

関連ページ

悪玉コレステロールがたまる原因
悪玉コレステロールがたまる原因について説明します。
悪玉コレステロールが上昇する時
悪玉コレステロールが上昇してしまう時というのは、どのような時と言えるのでしょうか。